【30代向け】ベルトブランドの私的おすすめ3選(メンズ・レザー)

ブランド紹介
ODAN

この記事の内容

この記事では、こういったお悩みにお答えします。

スマートなスタイルに使える良質なベルトが欲しいが、どこが良い?

男性へプレゼントするのに、ベルトを検討したい。

しかし、どこで買えばいいかわからない。

ここでは、30代男性向け・価格は5万円前後オフィスカジュアル〜スマートなスタイルに使える・実際に自分が使っておすすめできるという観点で、ブランドを3つ紹介します。

30代男性がベルトにこだわるべき理由

人によっては、ベルトはあくまでシンプルな小物であったり、シンプルで十分と思う方もいるでしょう。(≒靴下?)

確かに、若いうちや衣服への関心があまり無い方はそうで良いかもしれません。
ですが、30代男性は、しっかりベルトまでこだわった方がかっこいいです。
理由はこちらです。

  • 見えづらい部分まで上質なものを使うことで周囲と差別化できる
  • 上質なものであれば、長く愛用できる
    (長く使えない安物は30代に不要)
  • 上質なベルトを見せることで着こなしのアクセントになる
    (特に春夏は、着こなしがカジュアルになりがちなので、革素材があることでカジュアル度を軽減できる)

おすすめブランド3選

結論、これら5つのブランドが私的なおすすめです!

  • GUCCI(グッチ)
  • ETTINGER(エッティンガー)
  • ORCIANI(オルチアーニ)

これらのブランドは、私服がスマートカジュアルな自分にとってなくてはならないアイテムで、ビジネスシーン(オフィスカジュアル含む)でも愛用しています。

おすすめブランド①:GUCCI(グッチ)

GUCCI HP
おすすめ理由
  • ロゴベルトの定番ブランドの中でも想定的に安価(5万円代で購入可)
  • 定番ながらも、選択肢が多い(カラー、バックル)
  • 男女問わず、幅広い層から認知度が高い

言わずと知れたブランド グッチから紹介します。
ロゴベルトを身につけたい時には、同ブランドのものをぜひ検討の俎上に載せるべきです。
理由としては、Hermes、Vuittonなどの他の定番ブラントよりは比較的に安価に手に入る上、種類も豊富、作りも悪く無い、という点です。

種類について補足すると、意外と幅広く展開されています。
例えば、バックルの種類(ダブルG、インターロッキングG、など)、バックルの加工(燻し、シャイニー、マットなど)、さらには革部分の色などなど。
意外とかぶりが発生しないのが良いところです。

グッチのベルトについては、私物紹介を含めてこちらの記事で解説していますのでご覧ください。
ロゴベルトを着用する上での注意点も実例を交えて解説しています。

おすすめブランド②:ETTINGER(エッティンガー)

ETTINGER HP
おすすめ理由
  • 気品ある端正なデザインで使いやすい
  • 作りも丈夫で、長く愛用できる
  • ロイヤルワラントの高揚感と知名度

エッティンガーは、1934年イギリス創業のブランドで、チャールズ皇太子より英国王室御用達の栄誉を授かる由緒正しきブランドです。
3cm幅の細いタイプを中心に扱っており、まさに「ビジネス用のベルト」といった見た目の物も多いですが、型押しタイプなどもあり、タイトめな黒デニムと合わせて綺麗めに仕上げるなども抜群に高相性です。

エッティンガーのベルトについては、私物紹介を含めてこちらの記事で解説していますのでご覧ください。

おすすめブランド③:ORCIANI(オルチアーニ)

https://store.shopping.yahoo.co.jp/rootweb/orc361004-1.html
おすすめ理由
  • イタリア製ベルトメーカーの中でも想定的に安価(1万円代で購入可)
  • イタリアブランドらしい柔らかな革としなやかな締め心地

オルチアーニは皆さんほとんどご存じないかと思いますが、1982年イタリアで創業のベルト専業ブランドで、百貨店のクラシコイタリアコーナーでたまに見かける通好みなところ。

自分が愛用しているものは、ウールのネイビー✖️スウェード調のブラウンのリバーシブルのベルトで、この色味と素材感が抜群に使いやすいです。

全く同じものが流通していなさそうで、心苦しいのですが、こちらのベルトも9年ほど愛用を続けるもので、本当に丈夫です。ぜひ同ブランドのものも検討してみてください。

まとめ

この記事では、30代男性向けに私的おすすめベルトブランドを3つ紹介しました。

ベルトは、毎日使い続けてしまうと、腰周りの汗・湿気のダメージ、剣先の摩擦・負荷から摩耗しますので、手入れも必要です。細長い分、非常に大変なのですが、しっかりケアをして、良いベルトを長く愛用していきたいですね。

以上、素敵なブランドのベルトを装備して、さらにかっこいい紳士を目指してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました